2016年4月30日土曜日

『メインストリーム』03 正誤表

2016.03.24 『メインストリーム』03 正誤表発行
       正誤表.pdf(get it here








































追加

p.50 2段落目8行目 教授     准教授
p.90 5段落目     若者たちは → 削除

2016年4月29日金曜日

『メインストリーム』03 販売店舗一覧

随時更新

東京
タコシェ 東京都中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ3F
NADiff a/p/a/r/t
通販) 東京都渋谷区恵比寿1-18-4 NADiff A/P/A/R/T 1F
模索舍
通販) 東京都新宿区新宿2ー4ー9

大阪
シカク通販) 大阪市北区中津3-17-12
Torary Nand 大阪市中央区千日前2-3-9千日前二番街2F 237番 レジャーシティ味園ビル2F

福岡
IAF SHOP* 福岡県福岡市中央区薬院3-7-19 2F


閲覧のみ
美學校棚ガレリ) 東京都千代田区神田神保町2-20第2富士ビル3F


編集部から直接購入
現在販売は03号のみ。送料200円(何部でも同じ)
mainstream.since2011★gmail.com(★を@に変えてください)
件名に【購入希望】、本文に
①郵便番号・住所
②名前
を記入してメールしてください。
編集部から確認のメールを返信します。受注確認メールが届いたら以下口座に入金してください。入金確認出来次第、発送致します。

住信(すみしん)SBIネット銀行
ブドウ支店(支店番号102) 3582863 ヒガシノ ダイチ)



******

 
 メインストリーム03号 96P 1000円(税込)
 正誤表を発行しました

 活動報告 2011-2015

[目次]
1.活動報告
メインストリーム
メインストリーム別冊『L'apl'a(ラプラ)』
「福岡アートワーク」参加(未遂)
「デザインの力で行政を変える!!〜天王寺広報デザイナーを募集します」に応募(未遂)
「ALL about 九州ツアー」主催の公開プレゼンテーション会に
「ダダイスト・インターナショナル」「アート企画集団ソレイユ」名義で応募(自爆)
「TRANS ARTS TOKYO 2013 vs メインストリーム編集部」
「TRANS ARTS TOKYO」後日談
「新世界蜂起展」に参加
「新世界蜂起展」桜子編
我々の直近の活動について
ソロ活動
[山本桜子]
Noblesse Oblige Ltd.
チョコレートとそのパッケージ
平行植物
インターネットに拠る河童生息数調査 県別一覧表、及び分布図
200個のキャンベルスープ缶の在庫整理、又はどうやってそれを売るか
埼玉検定
美術展会場における湿温度管理機器の鑑賞による釣り
イルカに応答を呼びかける人間存在の実存を描いた難解映画のラフ・イメージ
[東野大地]
現代美術入門講座

2.まとめ
まとめ
おまけ
参考資料
編集後記

刊行物

 ■04号(2016)1000円(税込)絶賛発売中
 

 詳細

******


03号(2016) 1000円(税込)絶賛発売中


 詳細


******


 ■別冊メインストリーム『L'apl'a(ラプラ)』(2012)在庫切れ


 [目次]
ラール・プール・ラール宣言 1
「まちなかアートギャラリー」介入に寄せて 3
参考資料(collage) 4
「まちなかアートギャラリー」とは 6
応募書類 7-30
  ①所定の応募用紙
   A.エントリー用紙 8
   B.展示プラン記入用紙 9-17
   C.支出内訳書 18-21
  ②A過去の活動記録 22-30


******


『L'apl'a(ラプラ)』号外(2012.07.24裏面
『L'apl'a(ラプラ)』号外(2012.08.31


******


 ■02.5号(2012) 無料(在庫切れ)


全8P、黒一色、創刊宣言のみ


******


02号(2012) 在庫切れ

 [目次]
メインストーム編集部(東野大地) -『メインストリーム』と現代の弾圧
渕上林檎 - 非本質主義者の政治的轢死
齋藤桂太 - 退廃芸術はカリフォルニアイデオロギーを食せるか?
松山孝法 - サブカル殲滅戦線異状なし
古澤圭介 - 若者達よ、外に出ろ!中に籠るくらいなら中に出せ!
@No_001_Bitch - Question
@No_001_Bitch - Answer
トモサカアキノリ - 退廃の彼岸
イイダケイスケ - 「退廃芸術批判」批判
表現にとって弾圧とは何か——千坂恭二インタビュー
田島逸郎 - 絵はテクノロジーから逃れられるか
山本桜子 - 死ぬのは法律違反か——荒川修作と生権力と人類と猫の物理的変化
山本桜子 - 映画評『ヴェルクマイスター・ハーモニー』
松平耕一 - ネオリベにゃんきちと9月11日新宿原発やめようデモ!
反現代死 - 石原ファミリー♪
渕上林檎 - グラサンエロオヤジ概論
読者投稿欄の設置(ストレンジラヴ岩樹里ぐり子)
連絡先一覧
古澤圭介 - 続・真の幸せ


******


 ■創刊号(2011) 在庫切れ

 [目次]
東野大地 - 『メインストリーム』の芸術イデオロギー
トモサカアキノリ - ニゥルンベルクの側に立つ者
@No_001_Bitch - kidnap AKB48 AND RAPE THEM
松平耕一 - 反原発デモと日の丸——素人の乱vsはてなサヨク
田島逸郎 - 偏在する現実感を弾圧することは可能か
山本桜子 - 映画評『ワルキューレ』複製技術時代の首都掌握計画
千坂恭二 - エルンスト・ユンガーと文学の誕生
朧塚 - それは何処までも正しい悪意ある世界
末素生児 - 風化wander
松山孝法 - 原発爆砕考
眞壁良輔 - 芝居が何が出来るのか、何をするのか
古澤圭介 - 真の幸せ
山本桜子 - 双六

創刊宣言

 メインストリーム 創刊宣言

 1974年、独裁体制下の旧ソヴィエト連邦で、志あふれる有望な芸術家たちが、野外展覧会の開催を決行した。
 芸術家として、彼等は当局の「認可」を持たなかった。政情より容易に推測されるごとく、この展覧会は非公式のものであった。けれども、自由の理念に突き動かされた崇高なものであった。

 この芸術の申し子たちの勇気ある試みに対し、当局は一体何をしたであろうか。

 当局はそれに放水車とブルドーザーを差し向け粉砕した。
 誠に悲しむべき暴挙である。

 当然、何ものにも代え難き個人の価値を確信する先進的な西側諸国からは、非難の大合唱が湧き上がった。いついかなる国家が人間の尊厳、表現の自由を踏みにじることを許されているというのか。こんな行為は断じて看過されるべきではない!


 お前らもそう思ってんだろ?


 お前ら戦後民主主義の自由の薫陶を受け、人は生まれながらにして、かけがえのない個性という賜物を与えられ、その個性を最大限に伸ばし、ゆくゆくは存分にそれを発揮できる場が与えられていると信じている者たちよ。
 みんな違ってみんないい、とかさらっと言っちゃう愚民どもよ。

 お前らは思わないのか。お前のその個性には何の価値も無いのだと。個性の尊重、表現の自由という大義名分に味方されてお前が後生大事に育てているお前の肥大したその内面には、真に守られるべき何ものも、残っていないのだと。いや、初めから何も無いのだと。
 お前の個性、それに一体何の価値がある。
 価値無き内面を表現する自由に、一体何の魅力がある。


 我々の見解はお前らとは異なる。


 我々は個性の尊重の大義に甘やかされたお前らの芸術を嫌悪する。
 我々は表現の自由の正義に担保されたお前らの内面を憎悪する。

 我々はお前らの芸術に放水車を差し向け、ブルドーザーで踏みにじる者たちの一味である。
 我々は未だ見ぬ同志に向かって呼びかける。
 叫べ、破壊に次ぐ破壊の大きな仕事があるのだと。


 万国のブルドーザーよ、団結せよ!


 放水車も来たければ来ればよろしい。

メインストリーム 沿革

 メインストリーム 沿革


2011.0?       発足

2011.09       創刊

2012.03       02号発行

2012.06       02.5号発行

2012.07.04     「まちなかアートギャラリー福岡2012」に「ラール・プール・ラール」(L'art pour l'art)名義で応募、そのポートフォリオをまとめた冊子『L'apl'a(ラプラ)』発行

2012.07.24     『L'apl'a(ラプラ)』号外発行 “アートグループ「ラール・プール・ラール」、福岡市主宰の公募展に当選(通称:まちなかアートギャラリー参戦宣言)” (pdf)

2012.08.31     『L'apl'a(ラプラ)』号外発行 “「ラール・プール・ラール」敗北宣言” (pdf

2012.08       「福岡アートウォーク」参加(未遂)


2013.09       「All about 九州アーツ」主宰の公開プレゼンテーション会(11.16)に「ダダイスト・インターナショナル」「アート企画集団ソレイユ」名義で応募(自爆)

2013.11       「トランス・アーツ・トーキョー2013」に「地域アート調査団ラール・プール・ラール」名義で参加し、「トータル・アート・トーキョー」受付を設置する。調査報告書を発行するという約束をすっぽかす

2014.03.31-04.05  「世界蜂起展」(神保町 文房堂ギャラリー)という名のメールアート展に東野大地、山本桜子、匿名名義でそれぞれ参加

2014〜         福岡市内で東野大地が「現代美術入門講座」開催(①14/6/11, ②8/10, ③9/3, ④12/24, ⑤15/2/1)

2015.06.03      トモサカアキノリ氏主宰「迫力社会ラボ」第1回の特別講師として東野が選ばれる。実質「現代美術入門講座」東京出張編

2016.03.06      03号発行
           中ザワヒデキ展「ソースと実行」[PERFORMANCE EVENT]「実行篇」に東野・桜子が出演 Youtube パフォーマンス1 / 2 / 3 / トーク

2016.03.24      『メインストリーム』03正誤表発行

2016.03.29      美學校「卒業生の話を聞いて飲む会 vol.7」のゲストに美學校卒業生でも何でもない桜子が選ばれる

2016.04.12      福岡市内にオープンしたアートハウス「F家」(えふハウス)のオープニングイベントでもあるトークシリーズ「F子の部屋」第1回のゲストとして東野が選ばれる(このトークは外山恒一活動報告誌『人民の敵』19号に掲載されている)